So-net無料ブログ作成
検索選択

昼顔~平日午後3時の恋人たち~ ブログ

昼顔~平日午後3時の恋人たち~ に関する話題をお届けします。

 

過去ログページ

昼顔 7話 感想

利佳子(吉瀬美智子)は、滝川(木下ほうか)に携帯を返してほしいと頼むが、

滝川は聞き入れてくれなかった。

それどころか、クレジットカードまでも止めたと言う。滝川にとっては、すると利佳子は突然、なぜ自分がこれほど

一生懸命に家事や育児をやってこれたかや

15年間笑顔でいられたかそれは不倫をして他の男に抱いてもらっていたからだと話をして家を飛び出す。

家を飛び出した利佳子は、紗和(上戸彩)の家を訪れる。

と、そこにタイミングよく紗和の姑がやって来る。

姑は、紗和と利佳子の話を聞いて、利佳子が不倫されたのだと勘違いする。

そして、紗和に向かって、「紗和さんも俊介(鈴木浩介)の浮気で悩むことがあるかもしれない」とつぶやく。

利佳子が家に戻ると、娘二人が自分たちだけで夕食をとっていた。

長女は利佳子に、お母さんが男と会っていることは全部気づいていたと話し、

「お母さんなんて大嫌い」と言い放つ。茫然とする利佳子。

離婚届とともに娘二人に手紙を残して、翌日、荷物をまとめて加藤(北村一輝)の

アトリエへ向かう利佳子。

家には、離婚届を残してきていた。それを気がついた滝川は怒って破り捨てた。

一方の紗和のパート先には、俊介が訪れる。なにかあったのかと疑う紗和に対し、姑が疑っている部下には、

言い寄られているだけだと釈明する。 そこへ、偶然乃里子(伊藤歩)と北野(斎藤工)がやってきた。

修羅場とはまさにこのことですね。

プロローグで言っていた神様が許してくれないとはまさにこのことだったのですね。

紗和は逃げようとするが、乃里子に声をかけられる。

紗和は、俊介に「乃里子さんと北野先生」と紹介するが、それを聞いた乃里子の顔が曇る。

そりゃ顔も曇ることでしょう。なんて言ったて、初対面で先生なんて普通は知らないのですからね。

いくらどんくさい人でもそりゃ気がつきますって。突然乃里子が、4人でお茶をしたいから紗和の家へ行きたいと

言う。断りきれずに、家に招き入れる紗和。

「ご主人」とかでしょ。乃里子は確信してますよ。女の人の勘は鋭いんだぞ。

ドロドロ予想は当たったので果たして来週はどんな展開になることでしょうか。

これから修羅場本番です。

昼顔 6話 感想

夫・滝川が仕掛けた花火大会の当日

紗和は北野と動物園でデート。

利佳子は加藤と海辺でデート。そして、それを影から見て、写真を取る利佳子の夫・滝川。

それにしても滝川の方が一枚上手でしたね。個人的な感想として演出家も昔のドラマならGPSは一台しか仕

掛けなかったのだろうと思ってしまいました。

紗和の夫・俊介は、会社の部下の女性と花火大会。

翌日、利佳子は娘たちを夏期講習へと送り出す。

すると、滝川は、「床が砂っぽい。海の砂かなぁ。」「携帯を貸して。料金プランを変えるから。」と利佳子に言う。

滝川に勘付かれたことを、パート中の紗和へと報告に行く。すると、そこに北野の妻・乃里子がやってきた。

いよいよドラマもドロドロしてきましたね。

3人は、利佳子の家に集まっていた。利佳子の事情と、紗和にも好きな人がいることを知る乃里子。

乃里子も、最近夫に好きな人がいるような気がすると打ち明ける。

女性の勘ってするどいものだなぁと感じました。

利佳子と乃里子が席を外していると、テーブルの上の携帯にメールが届きました。

一人、残っていた紗和が携帯に目をやると、携帯の待ち受けには、乃里子と北野二人の写真があった。

唖然とはまさにこのこと言葉を失う紗和。利佳子の家を飛び出した。

携帯の待ち受けを見て事情を察した利佳子は、乃里子を家に返し、自分は紗和の家へと向かった。

不倫相手奥さんを知ってしまったら、嫉妬を抑えられなくなる。この恋は終わらせた方がいいと言う利佳子。

北野が乃里子の夫と知ってしまった以上、不倫は続けられないと覚悟する紗和。

利佳子が家に帰ると、滝川と加藤がいた。滝川は、「加藤とは二度と会うな」と利佳子にくぎを刺す。

加藤もそれを承諾する。 しかし、加藤の事が忘れられない利佳子は、数日後にまた加藤に連絡してしまう。

そして、覚悟を決めた紗和は、北野に別れを告げる。

前回の予告みたらちょっとヤバイかな?

まさに修羅場と思ったらまだ今回はそこまではいっていませんでした。

紗和も、北野に別れを告げていました。今までの流れでは紗和の方が積極的に思えましたが

北野の心も紗和に向いていたんですね。

次回の予告は、今回の予告より衝撃的なタイトルがなかったですね。今回の予告が、「家庭崩壊」などかなり

衝撃的でしたが、ストーリー的にはまだまだもの足りなさが残りました。

さて、次回も注目していきましょう。


話題のニュース



昼顔 5話 感想 ゆかりさん編 [昼顔 5話 感想]

昼顔 5話の感想をドラマ好きな友人(仮)ゆかりさんからです。


ついに紗和(上戸彩)も不倫妻のお仲間になってしまいましたね。

とは言っても何となく純愛っぽくしてるのは清純イメージを壊さないようになのかなー?

ドラマが始まった時は、不倫とはいえ、やっぱり恋愛チックなドキドキ感もあるのかなと思っていたけど、これ、私

的にはドキドキする暇がなく、利佳子(吉瀬美智子)の夫に元彼、紗和の姑やら北野先生の生徒やら、周囲の

行動でハラハラしてしまうシーンが多過ぎ~(ノω<;)

最初からこんなにバレバレチックな感じだから怖すぎます。

もうやめておいてーーーってな感じで見た後はちょっと疲労感が(笑)

更に今週5話になったら、北野先生の奥さんの怖い発言も出たし、紗和の夫の部下の言動や利佳子の長女の

表情も気になるところ・・・

でもやっぱり今週も利佳子の夫の行動が一番怖かったけど、ここまで来たら、もっと怖くなって『ずっとあなたが

好きだった』の冬彦さん(佐野史郎)超えるくらい壊れて下さい!とちょっと期待しはじめています ♪

ところで毎週、名言があるけど、今週はまた、利佳子さん

『不倫はね、することの罪よりもバレることの罪の方が大きいの』

って言ってましたね~~~

ある意味、確かに!です。深いな~と耳に残りました。

最後にもう一つ残ったのが利佳子の水やりのシーン。

映像も笑顔も素敵で、不倫のドラマってコトが吹き飛んじゃうくらいの

爽やかなシーンでした♪

このドラマで、あんな笑顔見られるの最後かもしれませんね~(^_^;)

昼顔 5話 感想の限定情報はこれ!忘れずにご確認ください。 [昼顔 5話 感想]

昼顔 5話が放送されました。
オンエアーを見られなくて週末に見た方もいると思います。
それでは、今回の感想をどうぞ。

森林公園で出会った紗和(上戸彩)と北野(斎藤工)は、
海辺の小さなホテルに入る。
しかし北野は依然として迷っていた。
そんな北野に、紗和は賭けを仕掛ける。

窓から映る道をその次に通るのが女性だったらお友だちのまま、
男性だったら結ばれると。

結果は果たしてどうなったのか。放送を見た方ならおわかりですよね。
歩中の男性が引っぱっていた犬が通った。

5話.jpg

なんとも、演出家のユーモラスが感じられました。
しかし、そんなことはどうでもよく、二人はそのまま結ばれてしまいましたね。

一方その頃、利佳子(吉瀬美智子)は智也(淵上泰史)にホテルで監禁されていた。

智也は、ダンナは許せるけど、他の男は許せないと。
なんともワガママな智也なのであります。
智也の行為は、女性からしたら未練がましくしつこく思いますよね。

さっきの電話の相手・加藤(北村一輝)と別れるように言えと電話をかける。

電話に出た加藤に利佳子は
監禁されているから、あなたとは何でもないと説明してほしいと言うが、
加藤は智也に利佳子は自分の女だ。会って話しをしようと言う。

加藤も利佳子のことが好きになってしまった。

予想通り、昼ドラさながらのドロドロした展開になってきましたね。

結ばれた紗和と北野は、ホテルで寝てしまっていた。
とそこへ、紗和に電話が。
相手は、利佳子の夫・滝川(木下ほうか)。
滝川は、利佳子が家に帰っていないが知らないかと紗和に聞く。
利佳子の身の危険を感じた紗和は、ホテルへと向かう。

ホテルで加藤を見かけた紗和は、
加藤と一緒に利佳子が監禁されている部屋へ。
そこで、加藤と紗和に説得され、智也は部屋を後にする。

ダンナに疑われている利佳子と、
初めて一線を越えた紗和は、
二人で口裏を合わせることにした。

ついに、紗和も一線を越えてしまいましたね。

利佳子と共謀してアリバイ工作を企みました。

別の日に滝川は紗和の夫・俊介(鈴木浩介)の会社を訪問していた。
いつも付き合っていただいているお礼にと
花火大会に誘いに来たのだ。俊介の部下が俊介に好意を持っているのに気がついたようです。

部下にサービスしたらどうかと。

滝川は、その花火大会に娘二人と行くから、
たまにはゆっくりしたらどうかと利佳子に提案する。

滝川の企てで、花火大会の間に時間ができた紗和と利佳子。
早速、二人で口裏を合わせて、それぞれの相手に会いに行くことになる。

しかし、利佳子の車には発信機がつけられていた。

発信機に気づいた利佳子は、
車をホテルに置き、タクシーで加藤の元へと向かう。
しかし、その後をつけている滝川・・・。

一方の紗和は、北野と動物園に行く約束をした。

めでたく北野と結ばれた紗和ですけど、
会えるか会えないかで一喜一憂して、
気持ちが表に出すぎですぐにバレちゃいそう。
まぁ、ダンナも部下と一線を越えてないとはいえ、やましい関係ですからね。
こちらの今後の展開も予想されます。

利佳子の方は、智也とダンナとどちらも危険な気がしますね。
滝川は、発信機つけてましたよ。それもダブルで。
一つ見つけて安心した利佳子は完全無防備ではしゃいでます。

それにしても、滝川の方がうわてでしたね。今後の展開で滝川にも不倫疑惑が出てくると
ドラマとしては、個人的にさらに面白くなるのですが。

予告を見ましたが、今回は、それぞれが楽しんでいる雰囲気でしたが次回以降

かなり危険な香りがしますね。
ドラマも半分を終え、いよいよ佳境に入ってきます。


次回の第6話も楽しみですね。

昼顔 4話 感想 [昼顔 4話 感想]

昼顔の4話の感想を書いていきたいと思います。

今回もドラマ好きな友人からの感想です。

高そうな下着をつけて、
加藤としちゃった妻のことを、

すぐに把握した夫。

加藤に言わせれば、
「つまらない男だが、バカじゃない」

妻をバカにしたような夫の態度が、
利佳子を他の男へと走らせるのか?
でも、遊ぶのは、

平日午後3時から5時の間だけのお遊び。
昼下がりの情事というより、夕方の情事かな?

一方、紗和は、北野先生と手をつないだり、
昆虫の話をするだけで、浮かれ気分。
実際に、女性は外で恋をすると夫にも優しくできるそうです。

オオカマキリを見て、可愛いと思える紗和は、
北野先生にとてもお似合いかもしれない。
北野先生のことが好きだから、
カマキリさえも愛おしいのかもしれないけれど。

紗和と北野先生の「昆虫採集教室」は、
北野からの断りのメールで

中止になったけれど、
吸い寄せられるように、2人は同じ場所に…

そして、紗和と北野先生はキス。

4話.jpg

「男の人とキスをしながら、

目を開けたのは初めてでした。
もうこの青い空を、

何の曇りもない気持ちで見上げることは、
ないのだと思うと、

うずくような悲しみが込み上げました。
でも、それでも私は…」

うずくような悲しみって、どんなのだろうか?


ところで、北野先生の生徒の啓太は、
2人が手をつないだ写真を撮ってたけど、
その写真を使って、何を手に入れるつもり?
いい大学への推薦?
そんな生易しいもんじゃなくて?

紗和の夫・俊介は、部下の美鈴と、
ヤバイ関係になりそうな雰囲気。
でも、利佳子の夫と比べたら、
まだ俊介のほうが、単純で扱いやすそう。

それにしても利佳子は大胆だね。
ハンドルネーム「昼顔」で、
「慰めてくれる人募集中」とは。

ホテルにやってきた男は、

誰かと思ったら、智也だった。

「利佳子は俺の女だぞ!殺すぞ!」

加藤からの電話に逆上した智也に、
利佳子は暴力を振るわれたりするんだろうか?

利佳子にも、紗和にも、
私は感情移入できない。

北野先生も、加藤も、智也も、
きっと、私とは話がかみ合わないだろうなぁ。

ところで、北野先生は、
乃里子に子どもができたら、
すぐに紗和とは手を切るのかしらね?




昼顔 3話 感想 [昼顔 3話 感想]

昼顔 3話の感想をドラマ好きな友人からいただきました

期待通り吉瀬さんと北村さんの大人の濡れ場が遂にきた~~~\(^o^)/と言う感じです。

この二人の絡み、なんか安心して見れちゃいました。

さすがプロですね~上手い!\"\"ハ(^∇^*)パチパチ♪

反対に上戸彩ちゃんと斎藤工くんは純愛路線?

まぁこれはこれでイイかな~

大人のイケない純愛もドキドキ感アップしますもんね。

(面倒くさそうな生徒が気になりますが…)

しかし、このドラマ、男性陣が受け身から始まってますがイマドキなんでしょうかね…?

女の人が積極的だとこれも又ちょっとドキドキします。

今後どんな風に動いて行くのか3話にし てちょっと楽しみになってきました(*´艸`*)


ところで今回の3話の吉瀬さん、北村さんのシーンで私は過去に観た映画

マイケル・ダグラスとグウィネス・パルトロウの「ダイヤルM」を思い出してしまいました。

(古いですよねー(^o^;))

この映画はは不倫がらみのサスペンスですが、個人的には吉瀬さんの旦那さん、

マイケル・ダグラスくらい壊れて欲しいな~~~(笑)

期待してます!!

最後に1つ。ベランダにいたハムちゃん。

どうなったんでしょう。。。

せっかく居たのに~(>_<)

最後に3話から名言を拾ってみました。

恋愛って前の経験が役に立たないのよね。

出会いは思わせぶりに、別れは残酷に

昼顔3話.jpg


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。